学生時代、夏休みに青春18切符を使い、1人で放浪した時の話です。

直前にバイトも辞め、時間の余裕もありました。出来るだけ長く旅を続けたかったのですが、宿泊費やパチンコで負けた事もあり、1週間で予算の10万が尽きました。

切符が残り2回分と2千円位残っていたので、安いネカフェに泊まれば、次の日には家に帰る事が出来たのですが、旅を続けたかったのです。

私は今までの人生の中で、何度となく借金を重ねてきました。

もちろん今もなお複数の借金を抱えていて、返済には常に四苦八苦しています。

そんな私が数年前、生まれて初めてネットバンクから借り入れした時のことは、今も忘れられません。

 オンラインショッピングで支払いをしようとした時、ほんのちょっと残高が足りない。

ATMに行くのはめんどくさい。そんな時に銀行のサイトから数クリックでお金を借りられるのが非常に便利で、よく利用しています。

店舗で買い物をした際に手持ちが足らず、連れから借りたりクレジットカードで支払うのと同じように。

20代前半にゲットした初めてのカード!まだ、学生だったため親の名義で借りることに。

借りれる上限額は10万円。誕生日には、ポイント5倍と夢いっぱいのカードに胸を膨らませていたました。

しかし、学生の中ではあるあるなのですが、とりあえずサークルの飲み会をカードで立て替えて、現金をサークルメンバーから徴収するといったことが多発しました。

2013年、東北楽天ゴールデンイーグルスの優勝後から2週間くらいの間、入会時のポイントが通常は2000ポイント付くところ、優勝記念で、5000ポイントになると、毎日のようにCMでうたっていたので、申し込みをしました。

申し込みは電話で行い、必要な書類を郵送すると、キャンペーン中ということもあって、意外と簡単に審査に通りました。

ですが、審査に通ったのは良いものの、なかなかカードが手元に送られてきません。

銀行でも飛び込み訪問があって口座を作らないか?とか銀行クレジットカード作らないか?

とか結婚当初に家に来た銀行員に言われるまま(若かった為?)口座も作り、銀行カードでのクレジットカードを作った事もあるんですがコレ(クレジットカード)って使い出すとすごく怖いなぁと感じました。

使っていくうちに自分のお金の感覚になってしまったんですよね。最後は借金が減らないあるだけ借りてしまう・・・私には危険な物だと感じました。

高校三年生、技術系の学校に行っていた私は就職組として就職活動を行っていました。

はじめに受けた会社はおちてしまい、違う会社を受けました。

その会社はアウトソーシング系の会社で、学校の先生も、「まぁ受かることはないだろう。でも折角求人も来たし、シャレで受けさせてみようか」という気持ちで私に紹介しました。

 私は、勤め先に出入りしていた、個人経営の下請け業者の方から頼まれ保証人になった。

と言うのも、かなり仕事もして頂いており長期に契約していた社長さんであったため、安心したのが失敗でした。

ある時従業員を増やし今月は入る予定のお金が入らず、収支のバランスが悪く給与が払えないので、どうか保証人になってほしいと頼まれ、しぶしぶ保証人になった。

誰でもお金を借りた経験はあると思います。高額ではなくても10円や100円程度は日常的に借り貸ししているのでしょうか。

私自身も、コンビニで友達と買い物をした際に10円足りなかったり、ご飯を食べに行って割り勘する時に小銭がなくて借りることはしょっちゅうあるのです。

また貸すことだってあります。でも貸すと言っても本当に返してもらおうとは思っておらず、小銭程度でしたらあげてもいいと思って出しているのです。

一昨年に車を購入しました(エスティマ平成18年式)。

中古で購入したのですが、旦那が勢いで勝ってしましました。理由は「5年落ちでも当時ではフル装備でまだ走行距離も走っていない。だから装備はすべてあるので、現在の新車を購入するより同じ装備で半額で買える」という事でした。

しかし、即決で決めてしまったので、後に同じグレードで年式も新しい中古車を同じ販売店で見てしまいました。もう少し考えていたら・・・と思うと胸が痛くなります。

お金を借りたい人とお金を貸したい人が掲示板で連絡を取り合ってお金の貸し借りを行う個人間融資が密かにもてはやされています。

最近は夢の実現のために一般の方からの寄付を募るクラウドファウンディングも少しずつ世間に認知され、寄付金も集まるようになってきています。

しかしお金借りたい掲示板などでのお金のやり取りは寄付ではなく融資になるため、いろいろ問題も起きているようです。

まずお金を借りる側の問題から見ると、自己破産ブラックでも今すぐお金を借りられるなどと考えて金融ブラックリストでどこからも借りられない方が融資を希望する場合が多いですが、無計画な借入をする方も多く、返済が滞るケースが後を絶ちません。お金を貸した人もプロではないので有効な催促が行えないという問題があります。

さらにお金を貸す側の問題としては、個人間融資でありながら一般の個人ではなく、闇金業者が個人に成り済ましてお金を貸しているのも散見されることです。

個人の方から安心してお金を借りられたつもりが闇金に手を出してしまっていたというケースも多くなっています。

現状では個人間融資を利用する場合はこうした危険も認識しつつ、十分に注意していくことになります。よほどの事情がないかぎり、安易な利用はおすすめできないのが現在のお金借りたい掲示板です。